【スケートボード(スケボー)・コンプリートセットの選び方】なるべく安く組みたいけどデザインもこだわりたい編 

【スケートボード(スケボー)・コンプリートセットの選び方】なるべく安く組みたいけどデザインもこだわりたい編

こんにちは。当店ではよく

「なるべく安く組みたいけど、デザインもこだわりたい!どうしたらいいの!?」

とお問い合わせをいただきます。

同じようにどんなスケートボード完成品(コンプリートセット)を買っていいのか悩んでいる方も多いと思います。
今回は【なるべく安く組みたいけどデザインもこだわりたい方】へ向けた、
当店でのスケートボード完成品(コンプリートセット)の組み立て方を2つのステップでご紹介致します。


■STEP1 デッキを選ぶ

スケートボード スケボー デッキ

まずはデッキです。
デッキにはキック(前と後ろの反り)やコンケーブ(横の反り)などの多少の違いはありますが、
トリック用のスケートボードのデッキに関して言えば、形や乗り心地はほとんど変わりません。(長く続けている人はどうしてもこだわりが出てきて、細かい事をあーだこーだ言いたくなるものですが……)

初めの1台は自分の”基準”になるものなので、細かい事に捉われなくても良いんです。

そうなってくると最も重要なのは見た目(デザイン)です。単純に自分の気に入ったデザインで組んでしまうのが一番テンションが上がります。そして乗りたくなります。毎日乗ります。友達増えます。上達します。
といった感じだと思います。

ですが、デッキのサイズは沢山あり、どれにしたらよいか迷います。
当店では男性/女性/キッズに分けて、それぞれ以下のサイズをオススメしております。

  • ・男性 7.7~8.0 多少オーバーサイズ(8.125、8.25)でも問題ありません。
  • ・女性 7.5~7.8 大きくなるにつれて重くなるので、7.75前後のサイズがお勧めです。
  • ・キッズ 7.5以下 身長が150cm以下のお子様が対象となり、おおよその身長で選びます。
    • 【身長:デッキサイズ(インチ)】
    • ・100cm前後:6.7~7.0
    • ・130cm前後:7.0~7.3
    • ・150cm前後:7.3~

これらを踏まえた上でデッキを選んでみましょう。
(常時、約1000枚の在庫があるので、サイズで絞って探すのがオススメです!)


■STEP2 足回りセット(トラック・ウィール)を選ぶ

skateboard skate truck スケートボード スケボー トラック

好きなデッキが決まったら、
次は足回りセットと言われる、トラックとウィールのお買い得なセットを選びましょう。
それぞれを
単体で買うよりお得な価格設定となっておりますので、この足回りセットがなるべく安く組むポイント
になります。

スケートボード トラックの三大ブランド VENTURE / INDEPENDENT / THUNDER と当店のオリジナルウィールがセットになっており、
デッキと合わせて買えば、ベアリング、ボルト、デッキテープ、スケートケースがサービスで付き、スケートボードを組み立てることができます。


①まずは、トラックについてご説明します。

ブランドにより乗り心地は変わりますが、初心者用というものはございません。
以下が各トラックブランドのメリット/デメリットですが、当店独自の感想なのでご参考程度にお考え下さい。

まず、高さが各ブランド LO / HI の2種類があり、同じブランドでも動きが変わります。

【LO】 車高が低く、低重心で安定感がある。
【HI】車高が高く、ターンがスムーズ。
※ブランドによりそれぞれ高さは異なります。

【VENTURE】 ”安定感のあるセッティングで組みたい方”

可動域が狭い為、ブレが少なく安定感がある。
ターンの孤が大きいので、小回りというよりは大回り。
《デッキサイズ=トラックサイズ》7.5~7.875=5.0 7.875~8.125=5.2 8.125~8.375=5.6

【THUNDER】 ”程よい安定感と軽さ重視で組みたい方”

車高が低く、安定感があり、ターン性能もまずまず。
テールから地面までの距離が短いのでオーリーが軽く叩きやすい。
車高の低さから、大型のウィール(54mm以上)には不向き。
《デッキサイズ=トラックサイズ》7.5~7.875=145 7.875~8.125=147

【INDEPENDENT】 ”柔らかい乗り心地でオールラウンドなセッティングに組みたい方”

車高が高く可動域が広い為、体のブレにも対応し柔軟性がある。
小回りが効き反応が早い為、やや不安定に感じ易い。
《デッキサイズ=トラックサイズ》7.5~7.875=129 7.875~8.125=139

トラックによって特徴はありますが、乗り心地に極端な違いはないので、深く考えず、ざっくりどんな感じで乗りたいのかをイメージすると決め易いと思います。
友達のスケートボードと乗り比べて違いを感じるのも楽しみの一つです。


②続いてウィールです。

当店のウィールは2種類から選べます。
トリックをメインに練習したい方は、STREET SET(ハードウィール)をお選び下さい。
カラーはホワイトとブラックの2色をご用意しております。
大きさはスタンダードな 52mm です。

STREET SET(ハードウィール)

静かな乗り心地で、移動がメインの方は CRUISER SET(ソフトウィール)をお選び下さい。
カラーはホワイト、ブラックの2色をご用意しております。
クルーザーウィールでは小さめの 54mm で、ちょっとしたトリックも楽しめます。

CRUISER SET(ソフトウィール)
カリフォルニアストリート クルーザーウィール street streamer 54mm


当店のオリジナルウィールセットの他にも、
より本格的な仕様に近づける SPITFIRE / BONES の2ブランドから選べるセットもございます。

【SPITFIRE WHEEL】

世界シェアNO.1ウィールブランド。
知名度とユーザー数に裏付けられたクオリティで、スケーターでなくとも一度は目にしたことのあるブランドアイコンでしょう。
BIGHEAD は昔から変わらないスタンダードなモデル。

【BONES WHEEL】

POWELL PERALTA がプロデュースする品質には絶対的定評のあるウィールブランド。
耐摩耗性に優れており、パンク(ウィールがかけること)、フラットスポットが出来づらいウレタン素材 STF ”STREET TECH FORMULA” を独自開発。
グリップ、耐久性ともに信頼性の高いウィールです。

BONES WHEEL STF V1 BLANKS ウィール

【ウィールのまとめ】

トリックの練習も移動もスムーズにしたい!という方は当店の CRUISER SET(ソフトウィール) をオススメします。
本格的にトリックにハマったらハードウィールに交換しましょう。


③デッキ+足回りセットに付属するその他のパーツについて。

このセットに付属するベアリングはスケートボードで多く使われるオイルベアリングではなく、メンテナンスフリーで気兼ねなく使える耐久性重視のグリースベアリングを使用しています。
正直スピードはイマイチですが、手入れの要らない安心なベアリングです。

ABEC3 SKATEBOARD BEARING スケートボード ベアリング

その他パーツ(デッキテープ、ボルト)はスタンダードなものを使用しているので、他の人と被りたくない方は カラーデッキテープ、カラーボルト などをオススメします。
スケートボードのアクセントになるので、さり気無いオリジナリティーを演出できます。
ボルトのカラーリングなどで、ノーズとテールを見分ける事もできるので、一石二鳥なアイテムです。

デッキテープ, GRIP TAPE,


■まとめ

と長々とお話ししましたが、極端に大きすぎたり、小さ過ぎなければ、
気に入ったもので組んでしまうのがベスト です!
あまり悩まず本能の赴くままにスケートボード完成品(コンプリートセット)を選びましょう。

通販でご注文いただいた方も、店頭でご購入いただいた方も、当店の熟練スタッフがキッチリと組み上げますのでご安心ください。
ご希望のご予算、デザインに合った納得のスケートボード完成品(コンプリートセット)を組み上げられるよう最後までサポートいたします!


【スケートボード(スケボー)・コンプリートセットの選び方】 関連リンク

【極力コストを抑えたい編】はこちら
【プロ仕様で!とにかくこだわりたい編】はこちら