INDEPENDENT (インディペンデント トラック) のニューモデル、 INDY MID (ミッド) を TIAGO LEMOS が試乗する映像が公開

TIAGO LEMOS が、ノルウェー・オスロのストリートにて、ほぼほぼスイッチスタンスのみでテストライド。この INDY MID、通常のモデルよりも車高が低く、ベースプレートにナットが内臓されていて、逆さにキンクピンを挿入するタイプ。これによりスミスグラインドなどで引っかかりやすかったキングピン問題を軽減することができるようになります。

記事を読む



なぜスケートシューズを履くべきなのか?各ブランドの特徴、選び方について

スケートシューズは基本的にボードの感覚がつかみ易い平らなソール(靴底)が多く、グリップ力にも優れています。トリックをする際、シューズを常に擦るので、アッパー(足の甲を覆うシューズの上半分)は破れ憎いスエード生地を使用しているモデルが多いです。また、衝撃に強いインソール(中敷き)を使用しているモデルが多い傾向にあります。

記事を読む






アメリカ・シカゴで PACIFICO (パシフィコ) ビール主催のコンテスト PACIFICO DOWNTOWN OPEN が開催

選抜されたトッププロ6名、CHAZ ORTIZ、ISHOD WAIR、JAMIE FOY、FELIPE GUSTAVO、MANNY SANTIAO、TJ ROGERS が、ハンドレール、ステアー、スケートゲームで一騎打ち。 テレビスタジオの中に製作されたセクションで、スーパーバトルを繰り広げます。

記事を読む


タンパ スケートパーク主催のアマチュア・ビデオコンテスト “TAMPA AM / GLOBAL AMDEMIC”、準決勝の映像が公開

新型コロナウィルスの影響でスケートボードのコンテストも中止が相次ぐ中、ストリートやパークで収録したビデオフッテージで競い合う、TAMPA AM (タンパ アマ) のビデオコンテストが開催されました。 100人以上の予選から、30名が準決勝に進出。日本人選手は、山下京之助、渡邊星那、山附明夢、根岸 空、佐々木来夢、池田大輝、浦野健斗、池 慧野巨 らが勝ち上がりました。

記事を読む


EVISEN SKATEBOARDS (エビセン スケートボード) から、吉岡賢人(ヨシオカ・ケント) の “EVISEN VIDEO” パートが公開

日本を代表するスケートボードデッキブランド、EVISEN のニューライダー、吉岡賢人のパート映像が、THRASHER (スラッシャーマガジン) で紹介されました。無限の可能性を秘めた独創的なトリックで、ウォール、レッジ、レールを次々に攻略していきます。

記事を読む