【ブランド紹介】KAONKA SKATEBOARDS(カオンカ スケートボード)

2014年、プロスケーター、中村久史がディレクションを務めるデッキブランド、KAONKA SKATEBOARDS(カオンカ スケートボード)。ブランド名の由来は「カ」、「オン」、「カ」という3つの音から作った造語のようなもので、この文字に色々な漢字を当てはめることで、言葉として意味のないものが意志になり、スケートボードのような表現に変化します。独特な世界観がグラフィックや映像に反映されてます。

記事を読む


【ブランド紹介】POSSESSED SHOES(ポゼスト シューズ)

東京・上野を本拠地に、90年代後期にウエアーブランド RGOA、OPIOID、2000年にシューズブランド TRANSMIT などを手がけた若林廣之氏が、2016年に設立した、日本発信のドメスティックシューズブランド、POSSESSED SHOES(ポゼスト シューズ)。日本人の足に合ったフィット感、ボードフィールを大切にしたバルカナイズドソール、耐久性の高い2層式のアッパーなど、スケートシューズ ブランド作りに徹している。 ロゴデザインはグローバルに活動する彫り師、アーティスト、スケーターの野坂稔和氏によるもの。

記事を読む







【ブランド紹介】COLOR COMMUNICATIONS(カラーコミュニケーションズ)

2005年設立。THRASHER や 411VM などのメディア露出、海外経験を持つスケーター、小原祐一が発信するドメスティックアパレルブランド。色で伝えるといったコンセプトで、see(見る)、feel(感じる)、express(表現する)、をキーワードとしたブランドです。2012年に “created in japan”、2018年に “TONE” の映像作品をリリースし、 海外メディアからも評価されるスケートブランド。

記事を読む


【ブランド紹介】TIGHTBOOTH PRODUCTION(タイトブース プロダクション)

プロスケーターの上野伸平が中心となり、2000年に発足された TIGHTBOOTH PRODUCTION(タイトブース プロダクション)は日本から世界に向けて発信するスケートボードプロダクション。2005年に "BRANDNEW CLASSIX"、2006年に "FINDERSCREEPARES"、2007年に "DIALOGUE BETWEEN INSIDERS"、2009年に "LENZ"、2013年に "LENZ II"、といった映像作品をリリース。特に "LENZ II" は世界中からその完成度の高さを称賛された。スケートボードの映像制作にとどまらず、独自の世界観を落とし込んだアパレルラインもファッションシーンから注目を浴びている。

記事を読む


【ブランド紹介】ARETH SHOES(アース シューズ)

2001年よりシンプルかつオリジナリティのあるデザインを追求し、履き心地の良い素材や質感、耐久性にこだわり、長く愛される物を、自分達の考え、ライフスタイルに合う、より地に足のついた「あしもと」の提供を目指すシューズブランド、ARETH(アース)。AREth という名前の由来は、We are…の『are』と4th・5thなどの順番を表す『th』との組み合わせで、簡単に言うと『自分たちの番』、そして『地球』という意味合いを込めています。現在という同じ時間、ここ地球に存在する自分達が時代を表現していくという認識が起源であり、様々な分野で活躍する表現者達をサポートする意識の繋がりを意味しています。

記事を読む