MONSTER ENERGY から、平野歩夢のドキュメンタリー映像が公開

MONSTER ENERGY (モンスターエナジー) から、平野歩夢 (ヒラノ・アユム)のドキュメンタリー映像が公開されました。

冬季オリンピックで2つの金メダル、X-GAMESで2つの銀メダルを獲得したプロスノーボーダー、平野歩夢。東京オリンピック 2020(2021)でスケートボード選手としてメダル獲得を目指します。横乗り界での二刀流、歴史的快挙に期待が高まります。


平野歩夢 プロフィール

年齢:22歳
ホームタウン:新潟県村上市
スタンス:グーフィー
スポンサー:BURTON、MONSTER ENERGY、ユニクロ、木下グループ、GO PRO、OAKLEY、NIKE SB など。
インスタグラム:Instagram@ayumuhirano1129

AYUMU HIRANO : 二刀流への本音

AYUMU HIRANO : GOING SPORTS & NEWS


NIKE SB (ナイキ SB)

NIKE (ナイキ) は、1997年からスケートボードシューズの生産を始めるが、DC、ES、EMERICA、VANSなどの大手スケートシューズブランドが強く、立ち上げ当時はスケーターたちから支持を受けられず、くすぶっていた時代が続いた。2002年に ZOOM AIR インソールを搭載した本格的なスケートボードシューズブランドとして「NIKE SB」を発表。 SBシリーズの DUNK LOWに続き、AGNUS、FC、DELTA FORCE、URL などをリリース。2004年には、PAUL RODRIGUEZ (ポール・ロドリゲス)、LEWIS MARNELL (ルイス・マーネル)、GINO IANNUCCI (ジーノ・イアヌーチ)、REESE FORBES (リース・フォーブス)らをライダー起用。さらなる機能が拡張され、2005年に初のシグネチャーモデル PAUL RODRIGUEZ ZOOM AIR がリリースされた。同年、ベテラン LANCE MOUNTAIN (ランス・マウンテン) が加入し、バスケットシューズの BLAZER を改良した BLAZER SB をリリース。2007年、ナイキSBのファーストビデオ NOTHING BUT THE TRUTH を公開。2009年には、ERIC KOSTON (エリック・コストン) が加入。2011年、STEFAN JANOSKI、GRANT TAYLOR らをフィーチャーしたビデオ SB CHRONICLES が公開される。2012年には、SEAN MALTO (ショーン・マルト)、LUAN OLIVEIRA (ルアン・オリベイラ)、OMAR SALAZAR (オマー・サラザー)などらが加入。
今や、世界中のトッププロたちをサポートする最大級のスケートボードシューズブランドとして確立されています。

NIKE SB : CONSTANT

NIKE SB : BEST OF 2020

NIKE SB : CITY POP

NIKE SB : WAMONO (和モノ)



NIKE SB (ナイキ SB) の商品一覧はこちら ↓ ↓ ↓
NIKE SB, ナイキ SB, LOGO