【海外・INFO】TWS : THE HISTORY OF BOARD SHAPE, PART 2

トランスワールド社が、スケートボード・デッキの歴史、シェープ(形)について紹介する、パート2。

2000年、定番の同じ形をしたデッキが主流となり、テクニカルで、過激な時代に変わっていく。しかし、2010年頃からは、トッププロを目指すのではなく、楽しみを優先する流れに変わり、個性的な形をしたシェープが再び注目されるようになる。WELCOME (ウェルカム スケートボード) のデッキを筆頭に、2017年は多様性となり、それぞれが好きな形のデッキに乗るようになった。


SANTA CRUZ SKATEBOARDS (サンタクルーズ スケートボード) の商品一覧はこちら ↓ ↓ ↓
SANTA CRUZ SKATEBOARDS, LOGO, サンタクルーズ スケートボード


POWELL PERALTA SKATEBOARDS (パウエルペラルタ スケートボード) の商品一覧はこちら ↓ ↓ ↓
POWELL PERALTA, パウエルペラルタ スケートボード, logo


WELCOME SKATEBOARDS (ウェルカム スケートボード) の商品一覧はこちら ↓ ↓ ↓
WELCOME SKATEBOARDS, ウェルカム スケートボード, LOGO