【海外・INFO】REAL SKATEBOARDS : OUT OF SIGHT – TREASURE ISLAND DIY

「自分たちの街に、スケートボード パークが欲しい!」と、スケーターなら誰もが望む事。

サンフランシスコの対岸に位置する街・オークランドに住むスケーターたちは、仲間たちで自作のスケートパークをゲリラ的に作り続け、いろいろなトラブルと戦いながらも夢を実現しようと行動していた。そんな中、サンフランシスコとオークランドの間にある島「トレジャーアイランド」でのスケートパーク作りを申請し、荒れ果てたテニスコートで許可がおりた。
この約2年間に渡る、絶え間ない努力を綴ったドキュメンタリー映像を公開。


 

これは 2011年に、JOSH MATLOCK らが中心となって、オークランドの高速道路下に作られたDIY パーク “BORDERTOWN”。
DIY とは、DO IT YOURSELF (自分たちで作る) を意味します。もちろん、人に迷惑にならない場所を選んで DIY パークは作られている。治安の悪い地区でも、健全なスケーターたちが来る事によって、治安が良くなったのも事実だが、無許可で作るスケートパークに対する意見は賛否両論。ここでの問題はニュースにも大きく取り上げられた。

 

これらの事例は、あくまでもアメリカ流のやり方となるが、まずは自分たちで作ってみるのが、市役所や行政を動かす「初めの1歩」となるのは間違いないでしょう。DO IT YOURSELF !!!

 


 


REAL SKATEBOARDS (リアル スケートボード) の商品一覧はこちら ↓ ↓ ↓
REAL SKATEBOARDS, リアル スケートボード, LOGO


ANTIHERO (アンチヒーロー スケートボード) の商品一覧はこちら ↓ ↓ ↓
アンチヒーロー スケートボード, ANTIHERO, LOGO


SPITFIRE WHEELS (スピットファイヤー ウィール) の商品一覧はこちら ↓ ↓ ↓
SPITFIRE WHEELS, スピットファイヤー ウィール, logo


THRASHER MAGAZINE (スラッシャーマガジン) の商品一覧はこちら ↓ ↓ ↓
THRASHER MAGAZINE, スラッシャーマガジン, logo