【海外・INFO】NIKE SB : BEST OF 2018

NIKE SB ( ナイキSB ) から、I-58ツアーやプロライダーの特集など、今年2018年のベストビデオを集めた映像が公開。

世界最高峰のトッププロたち、ALEX OLSON、ZION WRIGHT、ISHOD WAIR、NYJAH HUSTON、堀米雄斗、GRANT TAYLOR などらが出演。


 

NIKE (ナイキ) は、1997年からスケートボードシューズの生産を始めるが、DC、ES、EMERICA、VANSなどの大手スケートシューズブランドが強く、立ち上げ当時はスケーターたちから支持を受けられず、くすぶっていた時代が続いた。2002年に ZOOM AIR インソールを搭載した本格的なスケートボードシューズブランドとして「NIKE SB」を発表。 SBシリーズの DUNK LOWに続き、AGNUS、FC、DELTA FORCE、URL などをリリース。2004年には、 PAUL RODRIGUEZ ( ポール・ロドリゲス )、LEWIS MARNELL ( ルイス・マーネル ) 、GINO IANNUCCI(ジーノ・イアヌ−チ)REESE FORBES(リース・フォーブス)らをライダー起用。さらなる機能が拡張され、2005年に初のシグネチャーモデル PAUL RODRIGUEZ ZOOM AIR がリリースされた。同年、ベテラン LANCE MOUNTAIN ( ランス・マウンテン ) が加入し、バスケットシューズの BLAZER を改良した BLAZER SB をリリース。2007年、ナイキSBのファーストビデオ NOTHING BUT THE TRUTH を公開。2009年には、ERIC KOSTON ( エリック・コストン ) が加入。2011年、STEFAN JANOSKI、GRANT TAYLOR らをフィーチャーしたビデオ SB CHRONICLES が公開される。2012年には、SEAN MALTO ( ショーン・マルト )、LUAN OLIVEIRA ( ルアン・オリベイラ )、OMAR SALAZAR ( オマー・サラザー )などらが加入。
今や、世界中のトッププロたちをサポートする最大級のスケートボードシューズブランドとして確立されています。

NIKE SB CHRONICLES VOL.1 / EXTRAS – GRANT TAYLOR


 

NIKE SB ( ナイキSB ) のメインライダーとしてラストパートを飾るのは、ANTIHERO ( アンチヒーロー ) のプロ GRANT TAYLOR ( グラント・テイラー )。やはり、極を攻めるギリギリの滞空時間が、最大の魅力と言えるでしょう。2011年には、THRASHER SOTY(スケーターオブ ザ イヤー)を受賞しています。

GRANT TAYLOR (28歳)
ホームタウン:ジョージア州アトランタ
スタンス:グーフィー
スポンサー:ANTIHEROINDEPENDENTSPITFIREMODUSVOLCOMNIKE SB など。
インスタグラム:Instagram@downsouthinhell

GRANT TAYLOR ( グラント・テイラー ) が、VOLCOM ( ボルコム ) のライダーとなって20年を記念して制作されたドキュメンタリービデオ “GTXX – DOWN SOUTH IN HELL”、こちらも是非ご覧ください。

 


 


NIKE SB (ナイキ SB) の商品一覧はこちら ↓ ↓ ↓
NIKE SB, ナイキSB, LOGO


VOLCOM (ボルコム) の商品一覧はこちら ↓ ↓ ↓
VOLCOM, ボルコム, LOGO


ANTIHERO (アンチヒーロー スケートボード) の商品一覧はこちら ↓ ↓ ↓
アンチヒーロー スケートボード, ANTIHERO, LOGO