TOM PENNY が ES footwear に戻ってきました!Welcome home 映像公開

ES(エス フットウェア)の黄金期を支えたレジェンド、TOM PENNY(トム ペニー)が ES に戻ってきました!

ES から公開された Welcome home 映像はあの名作、menikmati のオマージュ。30代後半〜40代のスケーターにはうれしいニュースではないでしょうか!?

éS | Welcome home, Tom!


当時、とてつもないインパクトを与えた TOM PENNY。これを機に「知らない」というスケーターへ、レジェンドが残してきた軌跡(ほんの一部ですが)をおさらいしていきます。

TOM PENNY(トム ペニー)ES

TOM PENNY プロフィール

生年月日:1977年4月13日
ホームタウン:イギリス・オックスフォードシャー
スタンス:レギュラー
スポンサー:FLIPES など。
インスタグラム:instagram@tompenny

THRASHER Classics: Tom Penny’s “ES / Menikmati”(2002)

THRASHER Classics: Tom Penny’s “ETNIES / High 5”(1995)

Tom Penny – Transworld ‘Anthology’(2000)

411VM #11 Flip Industry(1995)


ES FOOTWEAR (エス フットウェア)

ES FOOTWEAR(エス フットウェア)は、Pierre Andre(ピエール・アンドレ)の手によって1995年にスタートした ”テクニカルなスケーターのために” をコンセプトにした、スケートシューズ ブランドブランド。Sole Technology 社傘下の ETNIES、EMERICA、ThirtyTwo、らの姉妹ブランドで、スタート当初からライダー達と共に開発したテクノロジー(技術)を惜しげもなくスケートシューズ ブランドに注ぎ込んだ。ERIC KOSTON、TOM PENNY、CHAD MUSKA、RONNIE CREAGER、RICK McCRANK、BOB BURNQUIST、ARTO SAARI、RODRIGO TX、PAUL RODRIGUEZ、などらスーパーライダー達が ES の歴史を築き上げてきた。2011年、”GONE SKATING(スケートしに出ます)” の広告と共に一度ブランドは解散したが、復活を願う世界中からの声があり、名作 “ACCEL(アクセル)”と共に2014年に復活。スタート当初と変わらないコンセプトで現在に至る。

Es – Menikmati(2000)

Es – éSpecial(2007)



ES FOOTWEAR(エス フットウェア)の商品一覧はこちら ↓ ↓ ↓
“es”(エス