【翻訳の小原】EMERICA “SHIFTER HIGH RESERVE” が生まれた経緯

資格の大原に勝手にかけて、【翻訳の小原】という新コーナーを始めます。
どうもカリストの戸田奈津子こと小原祐一です。(実際はこんなキャラではない)

とにかくスケートボードにまつわる興味深い話(ストーリー)や事実を自分が培った10年間のアメリカ生活と25年以上のスケート歴の経験を生かし、訳していこうと思います。
よかったらお付き合い下さい。


早速ですが、2018年秋モデルで先日リリースされた HEATH KIRCHART の SHIFTER HIGH RESERVE のカタログページに掲載されていた、リリース経緯の英文が興味深かったので日本語に訳しました。
最後の動画とともにお楽しみ下さい。


HEATH KIRCHART(ヒース・カーチャート)は本物のスケーター達全員の一番好きなスケーターだ。急な引退後も彼はほとんどのエメリカツアーを共にまわり、 HEATH の存在はエメリカの中でも常に中心に居続けた。そしてこれから先も続いていくであろう。

そういった経緯からこの伝説的スケーターの求めるシューズをラインナップに加えることとなった。HEATH はスケートボード以外でも活動している。スケートボードに対してもそうだが、マゾ性の強い性格は旅にも現れ、バイクでの大陸横断、ヨセミテ/エル・キャピタン登頂、ボートを自作しバハの周りを漕いだり、2ヶ月メキシコへ行ったり、崖からコットを吊るし横になったり、海の真ん中で沈没しそうになったり、と HEATH は止まることを知らない。

HEATH にこのシューズプロジェクトに対して何が欲しいと投げかけると、1つだけ欲しいと答えた。”THE SHIFTER” 彼の一番好きだったエメリカのモデルだ。

こちらが元となった “THE SHIFTER”

この HK RESERVE SHIFTER BOOTS は再デザインされ、オリジナルモデルから何一つ失うことなく、アップデートされた。履き心地も良く衝撃を吸収する G6 ソール、かかと部分に安定性を高めるカウンター(芯)、といった HEATH のインプットを加え、そういった経緯からここにスケートボードができるフルレザーブーツが完成した。

そんな EMERICA “SHIFTER HIGH RESERVE” の商品ページはこちら


最後に HEATH KIRCHART の STAY GOLD に隠しコマンドで収録されていた引退パートを御覧下さい。痺れます。

posted by Yuichi Ohara