DEW TOUR 2019 : FINALS – WINNING RUN

DEW TOUR 2019

6月13日から16日まで、カリフォルニア州ロングビーチで開催された DEW TOUR 2019。男子・ストリート/パーク、女子・ストリート/パークの決勝映像が公開。

2020年・東京オリンピックの予選対象大会となる国際試合で、日本人選手たちが大活躍! 女子・パーク部門で、岐阜県出身の岡本碧優 (12歳) が優勝、北海道の開 心那 (10歳) が3位。女子・ストリート部門で、愛知の織田夢海 (12歳) が5位、東京の西村碧莉 (17歳) が6位。男子・ストリート部門で、神奈川の白井空良 (17歳) が2位。
今大会には、女子・ストリートに、西村碧莉、織田夢海、西矢 椛、藤沢虹々可、伊佐風椰、中山楓奈。女子・パークに、岡本碧優、開 心那、四十住さくら、手塚まみ、中村貴咲、SKY BROWN、菅原芽依、小川華花。男子・ストリートに、白井空良、青木勇貴斗、瀬尻 稜、池 慧野巨、堀米雄斗。男子・パークに、笹岡健介、平野歩夢、芝田元、永原悠路、内田琉已 などが出場しました。


男子・ストリート決勝:トップ3、ウイニングラン。

優勝 AURELIEN GIRAUD (アウレリエン・ギラウド)、2位 白井空良 (シライ・ソラ)、3位 FELIPE GUSTAVO (フェリペ・グスターボ)。


男子・パーク決勝:トップ3、ウイニングラン。

優勝 PEDRO BARROS (ペドロ・バロス)、2位 CORY JUNEAU (コーリー・ジュノー)、3位 KEEGAN PALMER (キーガン・パルマー)。


女子・ストリート決勝:トップ3、ウイニングラン。

優勝 PAMELA ROSA (パメラ・ロサ)、2位 LETICIA BUFONI (レティシア・ブフォニ)、3位 CANDY JACOBS (キャンディ・ジェイコブス)。


女子・パーク決勝:トップ3、ウイニングラン。

優勝 岡本碧優 (オカモト・ミスグ)、2位 LIZZIE ARMANTO (リジィー・アルマント)、3位 開 心那 (ヒラキ・ココナ)。


 

【DEW TOUR 2019 大会順位】

男子・ストリート、男子・パーク、女子・ストリート、女子・パークなど、順位の詳細はこちらから。


 

こちらは、決勝のノーカット・ライブウェブキャストの映像です。

男子・ストリート決勝:ライブウェブキャスト。


男子・パーク決勝:ライブウェブキャスト。


女子・ストリート決勝:ライブウェブキャスト。


女子・パーク決勝:ライブウェブキャスト。


 

DEW TOUR 2018 : 1st PLACE PRO STREET – YUTO HORIGOME

これは、昨年・2018年の男子 ストリート部門で優勝した堀米雄斗の決勝ランです。


 

DEW TOUR (デュー ツアー)

清涼飲料 MOUNTAIN DEW (マウンテン デュー) が主催する、スケートボード、スノーボード、スキー、BMX、アーティスト、ブランド、そしてファンを結集させた革新的なコンテストシリーズ。2005年にアメリカ・ケンタッキー州ルイスビルでの初戦を皮切りに、コロラド州デンバー、オレゴン州ポートランド、カリフォルニア州サンノゼ、フロリダ州オーランドで開幕した。ウィンタースポーツ、サマースポーツを主体に大きく成長し、スケートボードも、2011年のラスベガス、2012年のサンフランシスコ、2015年のロサンゼルスと規模が拡大。2016年からはロングビーチにて開催されています。

特に話題を呼んだのは、2012年のサンフランシスコ大会。サンフランシスコにあるスケートスポットを再現したコースや、市内中心部の坂道にセクションを置いたダウンヒルコースなど。

DEW TOUR 2012 : SKATE STREET FINALS – SAN FRANCISCO

DEW TOUR 2012 : SKATE STREETSTYLE – SAN FRANCISCO



TRANSWORLD (トランスワールド) の商品一覧はこちら ↓ ↓ ↓
TRANSWORLD, トランスワールド, LOGO